FOOSE DESIGN

MACH FOOSE

MACH FOOSE とは、Foose Design と pomona co.ltd の共同企画(コラボレーション)、すなわち新しい1台、 価値ある1台、永遠の1台を生み出していくプロジェクトが、実際に動き出しました。わかりやすくお伝えするために、写真と動画をご用意いたしましたので、また現在進行形です。このたびデザインする車両は上限で350,000ドルでの制作になります。もちろん、お客様のご予算、ご希望に応じましてそれ以上またはそれ以下の作成も可能になります。従いましてどのようなご要望に対しても FOOSE氏がわかりやすく見積りをはじきだしてくれます。今回の序章を含め、状況を随時ご報告させていただきます。また、ご興味のあるお客様はご一報ください。

  • 1お客様からの熱烈な依頼(驚異のコレクター様)

    ここまでやる日本人コレクターがいらっしゃいます。ご本人の希望によりお名前はお出しできませんが、チップ氏のデザインに惚れ込み、高コスト、長時間をかけた旅の始まりです。

  • 2Foose Design にて、チップ氏との初回打ち合わせ

    まず、お客様(日本人コレクター様)の言葉、イメージ、ジェスチャーを聞き、その場でイメージデッサンを始めてもらいま す。まさしくディスカバリーチャンネルの OVERHAULIN’(オーバーホーリング)と全く一緒ですね!! 初回の段階では、お客様の大きな完成形のイメージを、そして全体像を会話の中で伝えていきます。この言葉を全て頭の中に入れ、スケッチからそのイメージを書き起こしてもらいます。いったい、どのように変身するのでしょうか?!

  • 371 MACH-1 351

    もう気が付いている大人の方も多いと思いますが、愛おしい真の本物、狂おしい本物、そんな車を手に入れる時代はもう来ているのではないでしょうか。しかしながら、日本人コレクター様の本当に熱き思い(チップ氏)には脱帽です。ここだけの話、いったいどの位コストがかかるのでしょうか・・・

  • 4永遠の1台に

    共同企画(コラボレーション)にて、タイトル通り永遠の1台にするために、我々の頭脳、すなわち知識、センス、そして何よりもレストレーションまでを構築できる、他にはない経験を元に、本来あるべき車の姿、本来あるべき車の空間、そして本来の満足度をマックスに引き上げる作業がスタートしております。日本人コレクター様も、ここまで細部に渡り手を入れていく作業には、正直こんな経験は初めてと大絶賛です。

  • 5終わりのない価値

    自動車の傑作を設計し、構築する。この言葉通りに OVERHAULIN’(オーバーホーリング)車輌の復元からショーCarへと。真髄はここから始まっています。高い評価を得るためには見た目だけでは当然のことながら、完成に導くことは不可能です。数々の「Best of show」賞を授与されたわけは一部にしか過ぎません、ここの写真や動画が物語っているかと思います。才能が生き生きとしていること、そしてエキサイティングしていること、この二つがプラスされて MACH FOOSE がさらに変化を遂げていきます。当社は日本人コレクター様の魂の橋渡しにしかすぎませんが。

  • 6華麗なる変身への第一歩

    今回の訪問では、71年MACH-1 351の実際のパーツ合わせの現場に伺って参りました。フーズ氏が1パーツずつにデッサンデザインした物を、現物と照らし合わせて細部にわたる微調整を行っております。一つずつが、いよいよ形になって行きます。この続きは次回に訪問した時に、更に進化を遂げていく姿をご報告できる事をお約束いたします。

  • 7華麗なる変身への第二弾

    さて、今回の渡米の大きな目的の一つフーズデザインの進行状況です。写真を見て頂いたほうが一目瞭然ですが、全てスケジュールが組まれております。前回に比べてここまでベールを脱いだのがよくわかります。チップ氏の妥協を許さない一つ一つのパーツに魂を込めまた、更なるデザインの質に拘り続けているのが手にとるように理解できます。来月は更にどんな進化を魅せてくれるでしょうか!!

  • 8華麗なる最終章

    SEMA SHOWへの出品に向けて最終段階です! これから塗装となり、番組のように仕上がって行く事でしょう! 大忙しの現場ですが、FOOSEならやり遂げてくれる事でしょう!! 会場に行きたい、車両制作を依頼したいなど ご興味有り方は是非にお問合せ下さい!

  • 9SEMA SHOWへ向けてのラストラン

    もう来月にはショーです。
    最終段階でここまで細部に渡り出来上がりました。
    どうぞSEMA SHOWをご期待ください!

  • 10SEMA SHOW

    真髄が遂に完成。MACH FOOSE 注目度ナンバーワン!
    今回のSEMA SHOWで、私どもが言うのも少々恥ずかしいのですが、自他ともに認めるナンバーワンでした。会場に来られるお客様は、必ずと言って良いほど足を止め、記念写真から車の下廻りまで撮影しておられます。写真はごく一部のカットしかございませんが、詳細は当社にてストックしてありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。また日本人コレクター様も大満足のご様子でした。もちろんお客様のご予算、ご希望に応じて制作可能でございます。どうぞご興味を持たれたお客様は、遠慮なく当社へご一報くださいませ。素晴らしいプロジェクトのお手伝いをさせていただきます。ではまたSEMA SHOWでお会いしましょう。good luck!!!